ここから本文です

海老名香葉子さん「泰葉と絶縁?」に無言

8/8(火) 20:12配信

スポーツ報知

 タレントの泰葉(56)、落語家の林家正蔵(54)、林家三平(46)の母でエッセイストの海老名香葉子さん(83)が8日、都内で、映画「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺計画」(12日公開)のトークショーに出演。終了後、泰葉が海老名家と絶縁宣言をしたことについて報道陣から問われたが、終始無言を貫いた。

 7日発売の「週刊ポスト」で初のヘアヌードを披露したことが一部で話題になっている泰葉は、6月のブログで「海老名家と絶縁し、完全独立したことをここにご報告申し上げます」と宣言。これら一連の言動について香葉子さんはトークショー後、報道陣から矢継ぎ早に質問を浴びたが、関係者に守られ、ただただうつむくばかり。無言で車に乗り込んだ。

 映画は、ナチスのナンバー3としてホロコーストを推進したラインハルト・ハイドリヒの暗殺を描いた史実サスペンス。東京大空襲で家族6人を亡くした過去を持つ海老名さんは「戦争って嫌だなって涙がポロポロポロポロこぼれました。ヒトラーという独裁者のために、どれだけの人が苦しんで死んでいったのか…。私も愛国女子でした。小学5年でひとりぼっちになり、敵船上陸するということを聞いて、竹やり訓練をしていました」と戦時の記憶を語っていた。

最終更新:8/8(火) 20:12
スポーツ報知