ここから本文です

阪神 連勝4で停止、大乱調の岩貞が即刻帰阪へ 金本政権初の強制送還!

8/8(火) 20:59配信

デイリースポーツ

 「巨人6-1阪神」(8日、東京ドーム)

 阪神が巨人相手に大敗を喫し、引き分けを挟んだ連勝は4でストップした。先発の岩貞が大乱調で、4回を7安打6失点、6四球でKO。球団ワーストタイ記録となる、1イニング5四球で9敗目(4勝)となった。降板後は帰阪を命じられ、そのまま球場を後に。金本政権2年目で初の強制送還となった。

【写真】金本監督、イスを蹴飛ばして激怒!

 試合は序盤に大勢を決した。初回、先頭の先頭の陽岱鋼に対し、フルカウントから四球を与える。さらに1死一、二塁から阿部の右前適時打で先制を許す。二回には石川にソロアーチを浴び、2点目。さらに三回だった。

 再び先頭の陽岱鋼に四球を与えると、2死一、二塁から村田、長野に連続四球で押し出し。石川には中前に2点適時打を許し、続く小林を敬遠気味に歩かせて1イニング5四球となった。続く投手・マイコラスにも三遊間を破られ、この回4失点。最後まで制球が定まらなかった。

 岩貞は7月2日のヤクルト戦(甲子園)以降勝ちがなく、直近の登板は5戦4敗。苦しい投球が続いている。

 阪神は打線も苦手・マイコラスを打ちあぐね、7回4安打無失点に抑えられた。九回は3番手・田原から伊藤隼が中前適時打を放ち1点を返したがそこまでだった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/27(水) 5:50