ここから本文です

ロッテ 打線爆発 今季2度目の2桁得点

8/8(火) 20:48配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ ロッテ―ソフトバンク(2017年8月8日 ZOZOマリン)

 ロッテ打線が爆発。8―2の6回無死一、二塁からサントスが左中間二塁打で2点を追加。12―7で勝利した5月25日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来、今季2度目となる1試合2桁10得点に達した。

 2回に田村の右中間二塁打で先制。3回は角中の右前打、根元の左中間二塁打で加点し、4回は荻野の今季1号3ラン、主将・鈴木の中越え二塁打などで得点を重ね、ソフトバンクの先発・石川を4回途中8失点でKOした。

 2試合連続のタイムリーを放った角中は「いいところに落ちた。それだけです」とおごらず、6月2日の広島戦(マツダスタジアム)以来のタイムリーとなった根元は「チャンスだったし、もう1点欲しかったので抜けてくれてよかった。石川(歩)を援護したかった」と笑顔を浮かべた。