ここから本文です

【MLB】オールスター3回選出の元名捕手、D.ドールトン氏が死去

8/8(火) 10:58配信

ISM

 現地7日、主に1990年代のフィラデルフィア・フィリーズで活躍した元オールスター捕手のダレン・ドールトン氏が、がんのため死去した。55歳だった。

 ドールトン氏は1992年に打点王のタイトルを獲得したほか、オールスターに通算3回選出。1993年にはフィリーズのナ・リーグ優勝に主力として貢献したほか、現役最終年となった1997年の途中に移籍したフロリダ(現マイアミ)・マーリンズではワールドシリーズ制覇を経験した。

 フィリーズのビル・ジャイルズ名誉会長は声明にて、「ダレンは真のリーダーだった。彼のリーダーシップなしに1993年のワールドシリーズ進出はなかった」とコメント。さらに「彼はファイターでもあった。5度のひざの手術を乗り越えてオールスター選手にまでなった。14年間にわたってフィリーズのユニフォームを着てプレーするダレンを見るのは本当に楽しかった」と哀悼の意を示している。(STATS-AP)

最終更新:8/8(火) 10:58
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(水) 15:50