ここから本文です

台風5号、中心付近では風吹かず

8/8(火) 18:43配信

ウェザーニュース

 台風5号は、8日(火)16時現在、新潟県佐渡市の南西約40kmの海上にあって、北東にゆっくりと進んでいます。台風の構造はだいぶ崩れており、現在、台風の中心付近ではあまり風が強まっていません。

 中心に最も近い、佐渡島には5地点のアメダス観測所がありますが、風速は1~4m/sと弱く、新潟県内全体で見ても、最も強い大潟で6m/sと、台風が近くにあるとは思えないような風です。

 むしろ風が強いのは台風の中心から少し離れたエリアで、伊豆諸島の神津島で15m/s、北海道松前や宮城県石巻、静岡県静岡空港などで10m/sを観測しています。ちょうど強風域の縁の辺りで風が強い状況です。

【明日も強風注意エリアは変わらず】
 台風は9日(水)にかけてもあまり速度を上げないまま北上を続けます。風の強いエリアもあまり変化がなさそうです。特に伊豆諸島や津軽海峡付近は強い風が吹き抜けやすいため、注意が必要です。

ウェザーニュース