ここから本文です

宮迫博之、不倫報道を『バイキング』生放送で釈明「一線は越えていない」

8/11(金) 11:57配信

オリコン

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が11日、フジテレビ系『バイキング』(月~金 前11:55~後0:55)に生出演した。9日発売の『週刊文春』で2人の女性との不倫疑惑が報じられている宮迫は番組冒頭、7秒間にわたって深々と頭を下げ続け、司会の坂上忍(50)が宮迫に代わって「本当に申し訳ございませんでした」と騒動を謝罪。番組中に下心があったことを認めた宮迫は「魔が差しまくった」と話したが、「一線は越えていない」と不倫関係は否定した。

【写真】ニヤリ…スレンダー美女見つめる宮迫博之

 同誌によると、7月14日と21日の金曜日、京都出身のモデル・小山ひかる(26)と都内の高級ホテルに宿泊。25日にもタクシーで同じホテルに宿泊したが、この日の相手は小山ではなく、美容系ライターの30代女性だったという。8月4日、同誌に直撃された宮迫は、2人の女性との不倫関係を否定し、2人の女性も同様に否定したが、本当に真っ白(潔白)かと聞かれた宮迫は「えー、オフホワイトです」と答えたと報じられている。

 番組は宮迫が頭を下げ続けるシーンからスタート。坂上が宮迫に代わって騒動を謝罪し、雨上がり決死隊の蛍原徹とともに3人そろって頭を下げた。坂上が「後で深掘りさせていただきますんで。大丈夫ですか?」と予告すると、「来たくはなかったですけども、嫁に行ってこい、お前と言われました」と険しい表情で天を仰いだ。

 坂上から「(女性と宿泊した)7月の3日間は事実ですか?」と追及された宮迫は「事実です」と明言。泥酔したときは「1人でホテルに泊まって仕事に行くということはちょくちょくしていた」などと釈明し、仲間を部屋に呼び、飲み直すことも多かったという。

 「今回に限って2人きりになってしまったということに関しては、僕が調子に乗っていた。もしかしたらできるかもと魔が差しまくった」と告白。酔って寝てしまう前に誘ってみたというが、女性から「このご時世でダメですよねとお断りされて、ふて寝した。結果的に3回フラれている」と弁明。しかし、坂上から「下心があったということですね」と確認されると「そうです」と認めた。

 文春の記者からの問いかけに「オフホワイト」と答えたことについては「他局の番組で、浮気してるんですかと聞かれたときに、『白か黒かといえばオフホワイト』ですとボケ的に言っていたことを記者さんが知っていて、『オフホワイトですか?』と聞かれたのでそう答えた」と説明。「向こうが断ってくれただけであって、OKだったら一線を越える気持ちがあったというのは同罪なんです」と認めつつも、「ただ、行為というか一線は越えていない」と不倫関係は断じて否定した。

 坂上から「あらためて、何色ですか? ご自身で」と問われると、言葉に窮して坂上を凝視した宮迫は数秒の沈黙後、「…グ、グレー!」と言葉を振り絞った。出演者の土田晃之(44)から「家族みたいな蛍原さんから見て、宮迫さんは何色なんですか?」と聞かれた相方の蛍原徹(49)は「黒迫さん?」と笑いに変えていた。
 

最終更新:8/12(土) 9:58
オリコン