ここから本文です

【GOLF】メジャー5勝目を狙うマキロイ ライバルたちの警戒にも「平気だよ」

8/8(火) 19:52配信

ISM

 世界ランキング4位のローリー・マキロイ(北アイルランド)が全米プロ選手権(現地時間10~13日/ノースカロライナ州クエール・ホローC)の練習ラウンド後、インタビューに答えた。

 前週のWGC-ブリヂストン招待、そして7月の全英オープンでいずれも4位タイに入っているマキロイは「直近2試合でトップ5に入れたから、良い軌道に乗っている。昨日(WGC-ブリジストン招待最終日)は前半7番からスコアを伸ばせなかったけどね。もう少しのところまで来ている。感覚も戻ってきたし、ドライバーの調子がいい。ここのコースではビッグドライブがアドバンテージになるから、続けられれば最高だ」と、自身のコンディションに手ごたえをつかんでいる様子だ。

 さらに、戦いの舞台となるクエール・ホローCの印象を聞かれ「こんなに素晴らしいコースは初めてかもしれない。夜中に雨が降っていたけどグリーンも完璧な状態。最初の5ホールが難しくて上手くいけば2アンダー、ダメでもイーブンパーで切り抜けられればいい。その後はコースも広くなってくるしチャンスが多くなるからね」と話した。

 マキロイは同コースで開催されるウェルズ・ファーゴ選手権で2010年は通算15アンダー、2015年には通算21アンダーとビッグスコアを叩き出して優勝している。相性は抜群なだけに「ここのコースで優勝争いに絡めなかったら残念」とまで言い切った。

 メジャー初優勝を狙う松山英樹をはじめ、キャリアグランドスラム達成を狙うジョーダン・スピース(米)らとの対決が注目される今大会。スピースはマキロイを「要注意」と語るが「どうかな。スピースはトラベラーズ選手権と全英オープンを制して、ブリジストン招待もトップ15フィニッシュだし素晴らしい。まぁ、彼を含めてみんなが僕をターゲットだと思ってくれていても平気だよ」と相手を称賛した上で自信を示した。

 2012年と2014年に全米プロを制した経験の持つマキロイ。得意とするコースで5つ目のメジャータイトルをつかむことができるだろうか。

最終更新:8/8(火) 19:58
ISM