ここから本文です

台風5号 ゆっくりと北陸付近を北上 土砂災害などに厳重警戒

8/8(火) 5:11配信

ウェザーマップ

 台風5号は、きょう8日はゆっくりと北陸付近を北東に進む見込み。引き続き、土砂災害や川の増水・氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要だ。

 台風5号はきょう8日午前5時時点で、富山市付近を北北東に進んでいるとみられる。今後も、台風は比較的ゆっくりとした速度で北上し、あす9日未明でも北陸・東北周辺にあると予想されている。台風の動きが遅いため、進路にあたる地域では断続的に非常に激しい雨が降り、雨量が多くなる予想だ。

大雨・雷・突風

 台風が伴う暖かく湿った空気の影響で、きょうは東日本を中心に、北陸・東北地方ではあすにかけて、雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降る見込み。活発な積乱雲の周辺では、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要となる。また、雨が弱まっていたり止んでいる地域でも、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があるため、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに厳重な警戒が必要だ。

■予想雨量  きょう8日 あす9日
 北陸    250ミリ  100~200ミリ
 関東甲信  200ミリ
 東北    180ミリ  100~150ミリ
 東海    120ミリ
 近畿    100ミリ

暴風・高波・高潮

 台風の接近により東日本の海上を海上を中心に非常に強い風が吹く所があり、強風やうねりを伴った高波に警戒・注意が必要だ。また、大潮の時期となっているため、満潮時刻前後は高潮による浸水や冠水にも注意・警戒が必要となる。

■予想最大瞬間風速(あすにかけて)
 近畿・北陸・東海・伊豆諸島 30メートル
■予想される波の高さ(あすにかけて)
 東海・伊豆諸島 6メートル