ここから本文です

大坂なおみ 思わぬ形で大会初勝利、対戦相手が途中棄権<女子テニス>

8/8(火) 9:24配信

tennis365.net

ロジャーズ・カップ

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)は7日、シングルス1回戦が行われ、予選勝者の大坂なおみは同じく予選勝者のH・ワトソン(英国)が第2セット途中で棄権を申し入れたため、思わぬ形で大会初勝利となった。

【錦織らロジャーズ杯 対戦表】

この日、ワトソンに1ゲームしか与えずに6-1で第1セットを先取した大坂。続く第2セットでもリードしていたが、ゲームカウント4-1の時点でワトソンが途中棄権となった。

続く2回戦で第15シードのA・セバストバ(ラトビア)と対戦する。セバストバは、同日の1回戦でL・デイビス(アメリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

世界ランク50位の大坂は、予選2試合を勝ち抜いて初の本戦入り。2回戦を突破すると、3回戦では第1シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)と対戦する組み合わせとなっている。

その他の日本勢は大坂の他に、日比野菜緒、尾崎里紗、土居美咲、奈良くるみ、穂積絵莉、加藤未唯の6選手が予選に出場していたが、日比野・奈良・穂積・加藤が予選1回戦敗退、尾崎と土居は予選決勝で敗れた。

今大会の上位シード勢は第1シードがプリスコバ、第2シードがS・ハレプ(ルーマニア)、第3シードがA・ケルバー(ドイツ)、第4シードがG・ムグルサ(スペイン)、第5シードがE・スイトリナ(ウクライナ)、第6シードがC・ウォズニアッキ(デンマーク)、第7シードがJ・コンタ(英国)、第8シードがS・クズネツォワ(ロシア)。

上位8シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:8/8(火) 9:24
tennis365.net