ここから本文です

中国リーグを舐めるな…… 天津権健のカンナバーロが警告「我々は本気でACLを制覇したい」

8/8(火) 0:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「お金は重要な要素だが……」

「中国スーパーリーグでのプレイは決してラクなものじゃない」。かつてイタリアサッカー界を牽引し、現在は天津権健を指揮するファビオ・カンナバーロ監督がそのように警告している。

フッキ、エゼキエル・ラベッシ、オスカル、グラツィアーノ・ペッレ、そしてカルロス・テベス。莫大な札束攻勢に魅了され、ここ数年多くのスーパースターが中国へと吸い寄せられてきたが、すべての猛者が本来の輝きを放っているわけではない。そうした現状について、カンナバーロ監督は「お金が唯一のモチベーションであれば、活躍は困難」との見方を示している。『New Straits Times』が元イタリア代表DFの言葉を伝えた。

「ここ中国スーパーリーグで活躍できるかどうかは、選手それぞれによって変わるだろうね。もしも確固たるモチベーションを元にここへやってくるなら、おそらく挑戦を心から楽しむことができるよ。でも、多額の年俸を唯一の動機としてここに来たとすれば、なにも得るものはないだろう。中国スーパーリーグでのフットボールを簡単なものだと思っているなら大間違いだ。チームに適応できず、プレイにも100%の集中力を注げることができない場合はここでの戦いは困難を極める」

カンナバーロによるシビアな警告の背景には、とてつもなく大きな野望が見え隠れした。

「もちろんプロである以上、お金は重要なファクターになる。世の中は美しいものだけで回っているわけじゃないからね。でも、アントニー・モデストにも伝えたが、我々は今後数年で大きな進歩を遂げたいと本気で強く感じている。最後にはAFCチャンピオンズリーグでの優勝を達成したいんだよ」

どうやらカテナチオの元番人は真剣のようだ。今後、天津権健で“小遣い稼ぎ”をしようというフットボーラーが居るとすれば、情熱に溢れたこの伊達男によって追い返されてしまうことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報