ここから本文です

夏の「おせち」が登場 生エビやハモなどの食材

8/8(火) 13:12配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

夏なのに、夏らしからぬ定番メニューが登場。夏の「おせち」が人気となっている。
東京・台東区の百貨店では、刺し身や生エビなどの新鮮な海の幸や、ハモといった夏の食材がふんだんに詰め込まれた「夏おせち」を販売する。
夏は、土用の丑(うし)の日以外に大きな食のイベントがなく、夏休みやお盆など、家族や親戚が集まる食卓を盛り上げたいとして、百貨店やスーパーは、「おせち」や「恵方巻き」の販売に力を入れている。
松坂屋上野店 食品担当・山田潮人さんは、「帰省ですとか、ご家族が集まられるときに、食卓を華やかにしていただけたらなという思いで作っております」と話した。
またイオンも、子ども向けメニューを増やした「夏おせち」を販売するなど、消費を盛り上げたい考え。

最終更新:8/8(火) 13:12
ホウドウキョク