ここから本文です

超必見! 39歳ドログバの”ロケット弾”が炸裂 32mのFKをネットに突き刺す

8/8(火) 9:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

衰えを知らない

フェニックス・ライジングに所属する39歳FWディディエ・ドログバの決めたFKが話題となっている。


超必見! 39歳ドログバの強烈FKが直接ネットに突き刺さる(映像アリ)


北米3部リーグで戦うドログバは5日、LAギャラクシーのリザーブチームとの試合に先発出場。13分にゴールから約32メートル離れた位置でFKを得ると、ドログバがボールをセットする。狙うには遠すぎる距離だが、やや短めの助走から放たれたボールは、GKの手をかすめゴール右隅に突き刺さった。

試合はドログバのゴールもあり、フェニックスが2-0で勝利を収めている。同選手は試合後のインタビューで「挑戦することが必要なんだ。トライすることで、より良い結果が生まれる」と、チャレンジすることへの重要性を語った。英『THE Sun』が伝えている。

かつて、チェルシーなどで活躍し、UEFAチャンピオンズリーグを含む数多くのタイトルを獲得してきたドログバ。39歳にしてなお衰えることを知らない同選手のキック、テクニック、メンタリティは、“異次元”のレベルのままであった。フェニックスの共同オーナーとしても活動するドログバに、挑戦をしないという選択肢はないのかもしれない。

https://www.theworldmagazine.jp