ここから本文です

【ブラジル】「父の日」のネット通販、10%増収見込み

8/8(火) 3:25配信

サンパウロ新聞

 ブラジルの電子商取引分野の情報を専門に扱うイービット社(Ebit)の推計によると、2017年の「父の日」(8月13日)商戦のインターネット通販の売上高は昨年を10%上回る19億4000万レアル(約679億円)に達する。注文件数は昨年に対して11%増の450万件が、そして注文1件当たりの平均金額は昨年並みの438レアルが見込まれている。伯メディアが2日付で伝えた。

 ネット通販業界にとって下半期(7~12月)に入ってから最初の重要な祝いの日となる父の日は、子供の日やクリスマス、そしてブラックフライデーといった下半期の他の商機に比べて売り上げのボリュームはかなり見劣りするが、その年の残りの期間の小売りの調子を推し量るバロメーターと捉えられている。

 なお、ネット通販では携帯電話・スマートフォン▽書籍▽履物▽ワイン▽スニーカー▽香水▽DVD・CD▽シャツ▽腕時計▽コーヒーメーカー──などが父の日の贈り物として人気が高い。

サンパウロ新聞