ここから本文です

海の底に恐ろしく長生きな生き物がいた。その姿は…

8/8(火) 22:10配信

ギズモード・ジャパン

深海の生き物は不老不死。みなとてつもなく長生きです。

水深30mの浅瀬に棲む魚は生きてもせいぜい12年が限度ですけど、760mまで下ると寿命は200年になります。深海の珊瑚は4,000年も生きます。

【画像】海の底に恐ろしく長生きな生き物がいた。その姿は…

わけても長いのがこの管状の無脊椎動物「Escarpia laminata(エスカルピア・ラミナータ)」。ペンシルバニア大とテンプル大の研究班が調べてみたら、地球で最長老クラスの生き物であることがわかりました!

しっかし、いっくら長生きでもこのチューブウォームにだけは生まれたくないです。「メタンと硫化水素の高濃度水域で細菌と共生する地球生物離れした生き様がクール」とかいう声もありますけど、僕は勘弁だなあ。海の生き物にはほかにも亀、クジラ、アサリなど長生きな生き物がいて、みんなそれなりに長老の風格を漂わせていますけど、なんせこいつは形がチューブですからねぇ…。

研究班の人には「われわれの研究対象に向かってなんてこと言うんだ!」って叱られそうですけど、やっぱりどこから見てもアホっぽいです。牙が丈夫だとかヒレがあるとかなら納得もいくんですが。こんなものに全地球生物が負けてしまうとは、うぬぬ。

さて、気になる調査の手法ですが、「チューブウォームの先端に青い印をつけてきて、1年後に青い印から伸びた長さを測る」という気の遠くなる作業を2006年から2007年にかけて行なったようです。測ったチューブウォームは356本。さらに、採取機器「Bushmaster Junior」(正式名称だよ!)で大量に捕獲してきて、1992年に調査済みのグループの再計測も行ってみました。

こうして伸びを全長と比べ、全データポイントから数理モデルで実年齢を算定したのです。その結果わかったことが2つあります。

まずひとつ目は、不死身なこと。全体のうち1年で死んだのはわずか0.67%という驚くべき数値が確認されました。さらに、体長50cmで推定年齢116歳なこともわかりました。もっと浅い海に棲息する同じ体長の同類のワームにくらべ遥かに老け込んでいたのです。寿命はおそらく250年以上。もしかしたら500年以上生きるワームもいるかもしれない、と、「The Science of Nature」に発表した論文では書いていますよ。

なんでこんなに長生きなのか? 気になるのはそこですが、論文中で引用された別の研究によると、深海だとメタボリズムのスピードがどよ~んと落ちるので、単にそれで長生きになっちまうんだそうな。「Escarpia laminata」の場合は、これを食い荒らす捕食動物もいないし、寄生虫とは持ちつ持たれつのぬくぬくした関係を築いてしまってますので、深海タイムで死ぬまで生き永らえる、ということらしいです。

ほかの(虫が嫌いではない)研究者に論文を送って感想を聞いてみたら、イリノイ大学公衆衛生大学院S. Jay Olshansky教授からはメールでこんなコメントをいただきました。「面白いね。自分より長生きな生き物の年齢をどう測るのかっていうところがね」。研究班の推算はかなり高度だと評価したうえで、「もし論文が正しければ、生殖と寿命は外敵のレベルで決まるという老化の進化論を裏付けるものだ」と話しています。

チューブウォーム研究歴のある同大アーバナ・シャンペーン校ポスドク研究員のDominique Cowartさんも「よい研究」と評価し、もっと浅瀬に棲む同族のチューブウォームも長生きなので驚きはしないけど、と言ってました。

だんだん調べていくうちに僕もチューブウォームを見る目が変わりました。最初は海の底で無駄に長生きしてるって馬鹿にしてましたけど、じゃあ自分はどんだけ上等なんだよって聞かれると、チートス食べながらパソコンいじって70年…あんまり偉そうなことは言えないのかも。

Image: The Chemo III project, BOEM and NOAA OER, Durkin et al
Source: The Science of Nature
Reference: Lawrence Livermore National Laboratory, Press Release
Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文](satomi)