ここから本文です

【高校野球】第1試合から白熱の逆転サヨナラ劇、彦根東が9回猛攻で波佐見を下す

8/8(火) 12:55配信

Full-Count

9回2死一、二塁の絶好機に4番・岩本が値千金の右翼サヨナラ打

 第99回全国高等学校野球選手権大会は8日、大会初日を迎え、第1試合は彦根東(滋賀)が波佐見(長崎)に劇的なサヨナラ勝利を収めた。

【表】大阪桐蔭の春夏連覇を阻むのは…甲子園出場の全49代表高一覧

 先制したのは波佐見だった。2回に4番・内野が大会1号となるソロ弾を右翼席に叩き込み、先制に成功。彦根東はその裏には犠飛で同点に追いつくが、3回表に再び勝ち越しを許す。

 だが、3回裏に2死から相手失策で走者を出すと、5番・辻山の左前打で一、三塁。ここで6番・吉本が3点弾を左翼へ叩き込み、逆転に成功する。

 4回、5回は互いに無得点で終わったが、6回表に波佐見は先頭の1番・村川がライトへの二塁打で出塁すると、暴投や四球などで2死一、三塁。ここで5番・浜田が左翼へタイムリーを放ち、1点差に詰め寄られた。

 流れを掴んだ波佐見の反撃は止まらず、7回にも1死から安打やセーフティバントなどで1死満塁とすると、2死から4番・内野の右翼2点タイムリーで逆転する。

 だが、ドラマは9回裏に待っていた。1点を追う彦根東は、先頭の代打・松井が内野安打で出塁。送りバントで二進すると、1番・原が二遊間を破る中前打で一、三塁とし、一打同点のチャンスを作る。続く朝日の三ゴロの間に三塁走者松井が生還して同点。3番・高村が四球で2死一、二塁となったところで、4番・岩本が値千金の右タイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝利を収めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/8(火) 12:58
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 19:45