ここから本文です

ランパード、咋シーズン燻ったストライカーを大絶賛「彼は確実に20ゴール奪う」

8/8(火) 17:33配信

theWORLD(ザ・ワールド)

優勝した翌シーズンはフレッシュさが重要

クラブレコードとなる7000万ポンド(約101億円)で、白い巨人レアル・マドリードからチェルシーに加入したアルバロ・モラタ。チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパード氏は、新加入のストライカーに大きな期待を寄せている。

モラタは16-17シーズン、レアルでBBCの影に隠れ、大きなスポットライトを浴びることができなかった。しかし、持っている能力は本物で、新天地での活躍に懸かる期待は大きい。また、チェルシーはFWジエゴ・コスタの退団が濃厚となっているため、その抜ける穴を確実に埋める必要がある。ランパード氏は、昨シーズン20ゴールを記録したストライカーがいなくなっても全く問題ないと、英『talkSPORT』にモラタへの期待を語った。

「前のシーズンで最高の成績を収めれば、クラブや監督はチームにフレッシュさを求める。それはとても重要なことだ。とりわけ、ジエゴ・コスタのようなビッグプレイヤーを失っても、ナーバスになりすぎることはない。アルバロ・モラタはクラブにとって良いサインとなるだろう。彼は確実に20ゴール奪うよ。また、今シーズンはチャンピオンズリーグでも結果が求められるね。力強いスカッドが必要となり、選手を加えることも重要だ」

モラタは合流して間もないため、まだ完全にはチームにフィットできていない。また、プレシーズンマッチでの戦いぶりや、高額すぎる移籍金に、同選手の実力を不安視する声も挙がってきた。モラタにとって、その評価を払拭しレジェンドの期待に応えるためにも、より多くのゴールが必要となる。今週末には幕を開けるプレミアリーグ。チェルシーの新ストライカーは、素晴らしいスタートダッシュを切ることができるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp