ここから本文です

台風5号 大雨に突風...各地に深い爪痕

8/8(火) 13:43配信

ホウドウキョク

比較的ゆっくり北上している台風5号。これまでに、川が氾濫したり、竜巻とみられる突風が発生するなど、各地で被害が相次いでいる。
滋賀・長浜市の8日未明の映像には、大きな音を立て流れる濁流、道路が川のようになっている様子がとらえられていた。
滋賀県内では、7日午後9時20分までの1時間に東近江市付近で、およそ90mmの猛烈な雨が降ったとみられるなど、記録的な大雨になったところもあり、長浜市では、市内を流れる姉川が氾濫して、住宅が浸水する被害が出た。
動画を撮影した人は「目の前の道が激流で、人が流されるくらいの流れ。とても怖かった」と話した。
7日、竜巻とみられる突風が発生した、愛知・豊橋市の現場。
一夜明け、車が横転したり、住宅の屋根がはがれてるなど、大きな爪痕が確認できる。
台風5号は今後、北陸付近を比較的ゆっくりと北上する見込みで、雨が長く続いて、大雨になるところがあるとみられる。
9日正午までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、北陸で250mm、東北で180mmとなっている。
西日本や東日本では、雨がやんでも、土砂災害や川の増水に警戒が必要となる。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/8(火) 13:43
ホウドウキョク