ここから本文です

おそ松さん、超豪華アーティストとコラボ

8/8(火) 6:00配信

Lmaga.jp

赤塚不二夫原作の名作ギャグ漫画を原作にしたテレビアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)。その第2期放送のエンディングテーマに、超豪華アーティストがコラボした『レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~』に決定した。

【写真】大阪に期間限定で登場した、おそ松さんバーガー店

この楽曲を手掛けたのは、『おそ松くん』のテレビ放送がスタートした1966年生まれのアーティストで、FM COCOLOプロデュースの音楽イベント『ROOTS66 -Naughty50-』出演のメンバーたち。そのメンツは、作曲にウルフルズのトータス松本、SOUL FLOWER UNIONの奥野真哉、ORIGINAL LOVEの田島貴男、作詞に東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦、怒髪天の増子直純、そして、筋肉少女帯・特撮の大槻ケンヂという超豪華な面々。本作では松野家の6つ子(声:櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)も合いの手で参加し、クズでニートな6つ子をテーマにオリジナル楽曲を書き下ろした。

作曲を手掛けた田島貴男は「普段はバカなことしか言わない、おそまつさんな66年生まれのミュージシャン仲間が意外にしっかり仕事するので驚きました。楽しんでちょ!」と語り、また、作詞で参加した大槻ケンヂも「大人数での曲作りは楽しくもてんやわんやの大騒動で、なるほど6兄弟の日々もこんな大騒ぎなのかなぁなどと思いながら作りました」とコメント。66年生まれの豪華アーティストと6つ子がコラボした、ユルくて楽しいエンディングテーマは、10月の放送よりオンエアされる。

最終更新:8/8(火) 6:00
Lmaga.jp