ここから本文です

新高岡駅利用増へプレゼント企画 市民会議 はがき持参者対象

8/8(火) 0:43配信

北日本新聞

 新幹線まちづくり推進高岡市民会議は7日、飛越能地域のイベントを紹介するはがきを受け取った北陸新幹線新高岡駅の利用者を対象に、キャラクターグッズをプレゼントするキャンペーンを始めた。10月末まで継続し、お盆や秋の行楽シーズンに向けた駅利用促進につなげる。15日からは新たなポスター掲示も始める。

 はがきはデザイン4種類を用意。高岡市のホームページからダウンロードして印刷し、県外の友人らに送り、受け取った人が同市を訪れた際に特典を受けることができる。引き替え場所は新高岡駅観光案内所で、消印のあるはがきを持参するとキャラクターグッズを受け取れる。

 このほか、高岡市と市民会議は、新高岡駅の利用促進を図る新たなポスターも制作した。

 ポスターには高岡ゆかりの大伴家持、前田利長、高山右近の像をポップにあしらい、「皆で、乗ろうではないか!」のキャッチフレーズで駅利用をPRする。

 ポスターは500部、チラシは1万枚、名刺用シールも3千部用意した。チラシとシールは高岡、新高岡両駅の観光案内所などで15日から配布する。

北日本新聞社

最終更新:8/8(火) 0:43
北日本新聞