ここから本文です

園児と「のこった」 追手風部屋の力士、穴水で交流

8/8(火) 1:05配信

北國新聞社

 穴水町に合宿中の大相撲・追手風(おいてかぜ)部屋の力士が7日、穴水町甲の平和こども園かぶとを訪問し、0~5歳の園児14人と相撲を取るなどして交流した。

 穴水町出身の大翔(穴水中OB)と、大翔鶴、大翔岩の3人が訪れ、まげを模した帽子をかぶった園児とマットの土俵の上で組み合った。園児は2、3人がかりで力士を押し出し、尻もちをつかせると、大喜びした。

 園児は力士と手や足の大きさを比べ、その大きさに歓声を上げた。園児に「どうしてお相撲さんになったんですか」と尋ねられた大翔は「穴水町に追手風部屋が合宿に来ていたので、部屋に入るのにあこがれた」と答えた。記念撮影も楽しんだ。弥長翼ちゃん(5)は「体が大きくてすごい」と喜んだ。

 力士は、同町宇加川の住宅型有料老人ホーム「能登清水の里穴水」も訪れた。

北國新聞社

最終更新:8/8(火) 1:05
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ