ここから本文です

ダラーズ2連覇 全日本女子軟式野球

8/8(火) 1:05配信

北國新聞社

 第28回全日本女子軟式野球選手権最終日(7日・東京都江戸川区球場ほか)北陸代表のダラーズ(白山市)は準決勝で関東代表の千葉マリンスターズに5―3の逆転勝ちを収めた後、決勝で東海代表の愛知アドバンスに6―4で競り勝ち、2連覇を果たした。最優秀選手には決勝打を放ち、エースとして力投した坂下翠が昨年に続いて選ばれた。

 ダラーズは準決勝で昨年まで3年連続して決勝で対戦した千葉マリンスターズに2ランで追撃されたが、坂下が踏ん張って逃げ切った。

 決勝でダラーズは二回に先頭坂下の中前打を足場に1死満塁と攻め、松本彩乃の遊ゴロで先制した。

 三回に逆転されたが、四回2死一、二塁から井口麻未の遊撃内野安打で同点、五回1死一、三塁から野崎柚季の三ゴロが野選となって勝ち越した。

 この後、再び3―4と逆転されて迎えた六回、先頭の井口が四球を選び、続く西野美空が左前打し、1死後、山内栞里の遊撃内野安打で満塁とした。ここで暴投で同点に追い付き、坂下の左中間を破る二塁打で2点を勝ち越した。

 激戦の末につかんだ2年連続の栄冠に38歳のベテラン坂下は「全員野球の勝利。みんなが完全燃焼した結果です」と胸を張り、吉田典宏監督は「よく頑張った。ダラーズの強さを全国の場で再び示すことができた」と奮闘した選手たちに目を細めた。ダラーズは10月1日に東京で開催されるジャパンカップで全日本大学女子選手権の優勝校と対戦し、2連覇を目指す。

 ▽準決勝

 ダラーズ

 0040001―5

 1000002―3

 千葉マリンスターズ

 (ダ)坂下-松本(千)庄司、植村-林、飯沼▽本塁打 平井(千)

 ▽決勝

 ダラーズ   0101130―6

 愛知アドバンス0020200―4

 (ダ)坂下―松本(愛)神谷、金田―片桐▽三塁打 松本(ダ)北(愛)▽二塁打 坂下(ダ)

北國新聞社

最終更新:8/8(火) 1:05
北國新聞社