ここから本文です

マンU、トッテナムのDFローズに接近…長友所属のインテルと争奪戦か

8/8(火) 14:21配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uが、トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズに関心を寄せているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が8月7日に報じている。

 今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクやセルビア代表MFネマニャ・マティッチを獲得したマンチェスター・Uだが、さらなる補強に乗り出す構えを見せているようだ。今回の報道によると、マンチェスター・Uと日本代表DF長友佑都が所属しているインテルがローズの獲得を目指しているという。

 ローズは昨シーズンの1月に負傷のためチームを離脱しそのままシーズンを終了。プレシーズンもほとんどの時間を治療に専念していた。同選手がマンチェスター・Uへ移籍するとイングランド代表DFルーク・ショーやイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンとポジション争いを繰り広げると見られている。一方、インテルへの移籍となると長友とポジション争いすることが見込まれる。

 トッテナムはローズと昨夏に週給7万ポンドで5年の契約延長を結んでいた。今夏は同選手のバックアパーとして、左サイドバックの補強を目指していたが未だ達成しておらず、また今夏既に、昨シーズン右サイドバックを任せていたイングランド代表DFカイルウォーカーをマンチェスター・Cに売却している。そのため、ローズが移籍してしまうと、トッテナムは今夏主力の両サイドバックを失うことになり、大きな打撃となることが予想される。

SOCCER KING

最終更新:8/8(火) 14:21
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合