ここから本文です

WASJ出場騎手 海外はモレイラ、豪の美人騎手ら

8/8(火) 9:08配信

日刊スポーツ

 26、27日に札幌で行われるワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の出場騎手がJRAから発表された。海外招待騎手は、モデルのオファーもあったという初参戦の女性騎手ケイトリン・マリヨン(23=オーストラリア)、15年総合優勝で3年連続となるジョアン・モレイラ(33=ブラジル)をはじめ、アントニー・クラストゥス(32=フランス)、ユーリコ・ダシルヴァ(42=カナダ)、ケリン・マカヴォイ(36=オーストラリア)、トム・クウィリー(32=アイルランド)の6騎手が参加する。

 地方競馬代表騎手は、選定競走で歴代最高ポイントを獲得した中野省吾(25=船橋・渡辺薫)。JRA代表は戸崎圭太(37=田島)、内田博幸(47)、田辺裕信(33)、C・ルメール(38)、M・デムーロ(38)、武豊(48)、福永祐一(40)の7騎手。昨年に引き続き、JRA選抜とWAS選抜(外国、地方代表)によるチーム対抗戦も実施される。

最終更新:8/8(火) 9:57
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ