ここから本文です

教科書の「先」を行く松山のスイング/田中秀道の目

8/8(火) 10:14配信

日刊スポーツ

<米男子ゴルフ:世界選手権シリーズ ブリヂストン招待>◇最終日◇6日(日本時間7日)◇オハイオ州ファイアストーンCC(7400ヤード、パー70)◇賞金総額975万ドル(約10億7000万円)優勝166万ドル(約1億8300万円)

【写真】松山英樹 獲得賞金、ポイントでもトップに

 松山英樹(25=LEXUS)が、1イーグル、7バーディーで13年のタイガー・ウッズ(米国)らが記録した大会記録に並ぶ「61」をマークし、通算16アンダーの264で今季3勝目。米ツアー通算100試合目で昨年10月のHSBCチャンピオンズ以来の世界選手権シリーズ2勝目を挙げ、自身の持つ日本勢の通算最多勝利数も「5」に伸ばした。

<田中秀道の目>

 松山選手のプレーに「すさまじいステージまで上がったな」と感じました。普通にプレーをして、コースレコードタイの61を出したということがすごいです。2番のイーグルも、まるでロングパットのような正確なアプローチでした。下半身を低く、力強い低重心で、かつ前傾姿勢から松山選手の持つ上半身の柔らかさで打っています。リストワークは使わず、体幹で打つことがアプローチ、パターまで完成している。

 まるで新しい教科書の「先」にいってしまったようなスイング、と表現したいですね。ゴルフ教本の著者が「こんなスイングをするといいよ。でも、ここまではできないけれどね」というような理想を、松山選手は現実でやっています。米ツアー100試合で5勝目、世界選手権シリーズ2勝目をコースレコードタイで決めるという松山選手の「持っている」感は、タイガー・ウッズ選手以来の感覚です。スピース選手やD・ジョンソン選手も「本物が来た」と思ったのではないでしょうか。

 谷原選手と一緒に食事に行っていると聞き、それもポイントだと感じました。ゴルフは孤独な競技になりがちですが、食事をしながら苦労を共有する時間があると、気持ちの切り替えができます。いい感じのリフレッシュになっていると思います。普通にプレーして勝てたことはメジャーへの自信になったでしょう。かみ合った日がきたら優勝できるというトップレベルに到達しています。いつメジャーに勝ってもおかしくないと思います。(プロゴルファー)

最終更新:8/8(火) 11:43
日刊スポーツ