ここから本文です

東京五輪の選手村軽食「マック」に代わる店舗検討へ

8/8(火) 10:20配信

日刊スポーツ

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、都内で飲食戦略検討会議の第5回会合を開き、米ファストフード大手「マクドナルド」に代わる選手村の軽食店舗の設置を検討することを明かした。

 同社は6月、国際オリンピック委員会(IOC)のトップスポンサーから撤退していた。飲食戦略の策定は17年度中に行い、18年度に委託業者の選定、19年度にはメニューを決め、IOCの承認を得る。大会中、選手村で必要な食材想定量も示された。主食135トン、野菜類215トン、果実類78トン、肉類等128トン、魚介類38トンで合計594トン。試算はナショナルトレーニングセンターの15年7月期の食材調達量から算出。本大会ではこれ以上となる可能性が高い。

最終更新:8/8(火) 10:28
日刊スポーツ