ここから本文です

ダンサー恋人探し乗り気の米倉涼子に真矢ミキ忠告

8/8(火) 10:24配信

日刊スポーツ

 女優の米倉涼子(42)が、現在の恋愛事情について語った。

 米倉は8日のTBS系「ビビット」にVTR出演。同じ事務所に所属する女優の真矢ミキと対談した。2014年12月に2歳年下の一般男性と結婚するも、昨年12月に協議離婚が成立。現在は独り身だという。好きな男性のタイプについて「厳しくない人。穏やかな人。見かけじゃなくて、ドーンといけそうな、寄りかかって良さそうな人がいいかな」と語り、「どうしたらいいですか? 教えて欲しい。どういう人を探したらいいですか。全然寄ってくれない」と嘆いた。

【写真】踊る米倉涼子

 その後、米倉が過去にアルゼンチンタンゴをしていたという話題になり、真矢から「なんで過去形にしちゃうんですか。この年齡からじゃない?」と勧められると、「見つけちゃおうかなパートナー」と乗り気に。真矢が「見つけよう。探しとこうか? うちの夫がバレエダンサーだから、アルゼンチンの方と知り合い多いから」と提案すると、米倉は「ホント!? マジでやりたいです! すぐ恋しちゃいそうですね」と色めき立ったが、パートナーとの密着度が高いダンスだけに、真矢から「後悔しないように、ある程度好きな人とやらないと、エラいことになるから」と忠告された。

最終更新:8/8(火) 11:11
日刊スポーツ