ここから本文です

もっともパワフルなロータス、エヴォーラGT430国内デビュー

8/8(火) 13:45配信

carview!

エヴォーラに、ロータス史上もっともパワフルな限定モデル「エヴォーラGT430」が設定され、受注が開始された。ロータスカーズ日本正規代理店のエルシーアイは8月8日に、⽣産台数わずか 60 台、しかも限られたマーケットでしか販売されない究極的なハイパフォーマンス エヴォーラの受注を開始した。価格は1944万円に設定される。

【写真をもっと見る(10枚)】

エヴォーラGT430は、エヴォーラ スポーツ410に続く、さらなる高性能化を追求したモデル。3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンは、410よりも20ps高出力となる436psの最高出力を発生。空⽔冷式ギアボックスクーラーの採用などにより高トルク化が図られ、最大トルクは440Nmを達成。なおトランスミッションは6MT、エキゾーストシステムはチタン製となる。

高出力化に加え、エヴォーラGT430は車体の軽量化と空力向上も同時に追求されている。ボディはハンドメイドのカーボン製エアロパーツ。大型化されたフロント開⼝部や、新デザインとされたカーボンファイバー製スプリッターに加え、各フロントホイールアーチの上にエアブレードとルーバーを装備。さらに軽量カーボン製リアウィングの導⼊やホイールの⼤型化などにより9kg 増えたにもかかわらず、乾燥重量は1,258kgに収まっており、軽量モデルであるエヴォーラ スポーツ 410 よりさらに 26kgのダイエットに成功している。同時にダウンフォースは最⼤250kgを⽣み出し、高速走行時におけるスタビリティの向上を実現している。

足回りは、ダンパーの伸びと縮みのダンピングを20段階に調整できるオーリンズ TTX 2 ウェイ・アジャスタブル・ユニットを搭載。これに専用チューンの超軽量アイバッハ製スプリングを組み合わせ、ハンドリングの向上を実現するとともに、軽量化を両立させている。タイヤはミシュラン パイロット スポーツ CUP 2 タイヤ (フロント245/35 R19、リア295/30 R20)を装着する。

これらのチューンの結果、エヴォーラGT430はヘセルのテストサー キットでエヴォーラシリーズ最速となる1分25秒8のラップタイムを記録。0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は305lm/hというド級の性能を手にしている。

株式会社カービュー

最終更新:8/8(火) 13:45
carview!