ここから本文です

マツダ、ガソリンを圧縮着火する新世代エンジンを2019年から展開

8/8(火) 15:50配信

carview!

ガソリンエンジンはスパークプラグで点火させるもの。そんなこれまでの常識を覆す新エンジンがもうすぐ実用化しそうだ。マツダは8日、ガソリンエンジンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を、2019年から導入すると明らかにした。

【写真をもっと見る】

スカイアクティブ-Xは、ガソリンをピストンの圧縮により自己着火させる“コンプレッション・イグニッション(CI)”と、火花点火と圧縮着火のシームレスな切り替えを実現した燃焼技術「スパーク コントロールド コンプレッション イグニション(SPCCI)」を核とする新エンジンシリーズだ。

圧縮着火というと、ディーゼルエンジンを思い浮かべるが、マツダによると新エンジンは、ガソリンエンジンにおける圧縮着火でこれまで課題となっていた圧縮着火の成立範囲をSPCCIにより拡大し、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特長を融合することに成功した。

燃料消費は、従来のガソリンエンジン(スカイアクティブ-G)に比べて20-30%改善し、最新のディーゼルエンジン(スカイアクティブ-D)も下回るという。さらにトルクは従来のガソリンエンジンに比べて全域で10%以上、最大では30%もアップするそうだ。

なおマツダは、スカイアクティブ-Xの発表に合わせて、新たな長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を公表した。これはクルマの持つ「走る歓び」により、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指すというもの。これには内燃機関の高効率化や、電動技術との組み合わせによるCO2削減(2030年までに50%削減)、自動運転などの取り組みが含まれる。スカイアクティブ-Xは、こうした目標の達成に向けたひとつのソリューションと位置付けられ、2019年から実用化される。

株式会社カービュー

最終更新:8/8(火) 21:03
carview!