ここから本文です

戸崎圭太騎手が世界の名手たちと対決 今週土曜日はイギリスのシャーガーC

8/9(水) 6:30配信

netkeiba.com

 12日はイギリス・アスコット競馬場で「ドバイデューティーフリー シャーガーC」が行われる。シャーガーCは世界のトップジョッキー12名によって争われる騎手のチーム対抗戦で、日本からは「世界選抜チーム」のメンバーとして戸崎圭太騎手が選ばれている。戸崎騎手はシャーガーC初出場で、今月9日から17日までの期間、「ドバイデューティーフリー シャーガーC 出場および視察のため」としてJRAに海外渡航届を提出している。各チームのメンバーは以下のようになっている(☆はチームキャプテン)。

【世界選抜チーム】
K.マカヴォイ☆(オーストラリア)
戸崎圭太(日本)
A.デルペシュ(南アフリカ)

【ヨーロッパ選抜チーム】
L.デットーリ☆(イタリア)
A.デフリース(オランダ)
A.ピーチ(ドイツ)

【イギリス・アイルランド選抜チーム】
J.スペンサー☆(アイルランド)
R.ムーア(イギリス)
N.カラン(アイルランド)

【女性騎手選抜チーム】
E.ウィルソン☆(カナダ)
M.ペイン(オーストラリア)
J.ゴードン(イギリス)

 シャーガーCは計6戦で、それぞれダッシュ(直線1000m、3歳上)、ステイヤーズ(3200m、4歳上)、チャレンジ(2400m、4歳上)、マイル(1600m、4歳上)、クラシック(2400m、3歳)、スプリント(直線1200m、3歳)。
※すべて芝のハンデキャップ競走。距離はメートル法ではないため近似値。

 1~5着までにそれぞれ15・10・7・5・3ポイントが与えられる。また競走除外などの場合は4ポイントが加算される。各チームの騎手の獲得ポイントの合計で優勝チームを決める。個人の最多ポイント獲得騎手も「シルバーサドル賞」として表彰される。これまでにシルバーサドル賞を受賞した日本人騎手はいない。

また、これまでにシャーガーCに出場したJRA所属騎手は以下の8人。

武豊騎手(2003、2004、2007、2008、2011、2012、2015)
蛯名正義騎手(2000)
横山典弘騎手(2001)
後藤浩輝騎手(2002)
福永祐一騎手(2006、2014)
内田博幸騎手(2009)
岩田康誠騎手(2010、2013)
池添謙一騎手(2016)

最終更新:8/9(水) 6:30
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ