ここから本文です

甘みたっぷりイチジク初出荷 宝達志水

8/9(水) 9:57配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 県内最大のイチジク産地である宝達志水町で8日、今季の出荷が始まり、鮮やかな紫に色づき、甘みたっぷりの果実が金沢の市場へ送られた。
 ハウス栽培された主力品種「桝井ドーフィン」が同町北川尻のJAはくい押水集出荷場に持ち込まれた。初日は町内の農家全44軒のうち3軒が約1・6キロ入り12ケースを搬入した。同JA押水いちじく部会の髙﨑進部会長(70)は「色も甘さも上々。多くの人に味わってほしい」と話した。
 初出荷セレモニーではJAはくいの山本好和組合長があいさつし、寳達典久町長らが生産者を激励した。
 今月中旬から露地物も出荷する。今季の出荷は11月中旬まで続く。