ここから本文です

<動画>福山雅治、吉田鋼太郎の「嫌なやつ」発言に冷や汗? 「人見知りなんで…」

8/9(水) 12:10配信

まんたんウェブ

MANTAN

 歌手で俳優の福山雅治さんが7月31日、東京都内で行われた主演映画「三度目の殺人」(是枝裕和監督)の完成披露試写会に登場。福山さんは、初共演となった吉田鋼太郎さんから「一番最初にお会いしたとき、本読みだったんですが、福山さんを“嫌なやつ”だと思った。なんだコイツって」と明かされると、「それは(今回の)役じゃなくてボクがですか?」と“冷や汗”。吉田さんが「目を合わせてくれないし、一言も口をきいてくれない……」と続けると、福山さんは「え? え?」としどろもどろになり、会場から笑いが漏れた。

【動画】福山雅治、初共演・広瀬すずに「甘酸っぱくなりました」とメロメロ

 そこで吉田さんは「スターだから、こういう人なんだって(思った)。2カ月も一緒ってたまったもんじゃないって思ったんですが……。そのあとの福山さんはそういう人では全くなかったので、おそらく福山さんなりに緊張なさっていたんではないか」と助け舟。福山さんも「すごく緊張していた。いまさら50(歳)も近くなってこんなことを言うのもなんなんですが、基本、人見知りなんで……」と明かすと、「ボクの中では鋼太郎さんも人見知りなんじゃないかって思ったので……“人見知りシンクロ”というか。それは失礼しました」と平謝りしていた。

 試写会には福山さん、吉田さんのほか、広瀬すずさん、役所広司さん、斉藤由貴さん、満島真之介さん、是枝監督も登場した。

 映画は、是枝監督のオリジナル脚本で描く法廷心理サスペンスで、福山さん扮(ふん)する勝利にこだわる弁護士・重盛が主人公。やむを得ず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある男・三隅(役所さん)で、すでに犯行を自供し、負けが決まったような裁判だったが、重盛は三隅と会うたびに動機が希薄であることから「事件の真実を知りたい」と思うようになる……という内容。9月9日に公開。

最終更新:8/9(水) 12:10
まんたんウェブ