ここから本文です

新日本G1・オメガがオカダと決戦へ!SANADA撃破も絶賛「お前の未来は明るい」

8/9(水) 0:01配信

デイリースポーツ

 「プロレス・新日本」(8日、横浜文化体育館)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロックの公式戦5試合が行われ、ケニー・オメガがSANADAを下して単独2位に浮上。この日は引き分けで単独首位を守ったオカダ・カズチカと12日に直接対決し、勝者が優勝決定戦に進出することになった。

 アクロバティックな攻撃を得意とする両者。オメガが場外の鉄柵の上からムーンサルトアタックを放てば、SANADAもムーンサルトアタックでオメガに飛びつきSkull Endをかけるなど、躍動感あふれる一進一退の攻防が続く。そして、終盤はオメガの原爆固めをSANADAは宙返りで逃れてSkull Endに持ち込もうとするも、オメガがヒザ蹴りVトリガーで迎撃するなど目まぐるしい攻防となったが、最後はオメガが強引に片翼の天使を繰り出してトドメを刺した。

 難敵を退けてオカダとの決戦にこぎつけたオメガは「SANADAよ、よく聞け。オレはお前が悪いアスリートだと言ったことは一度もない。お前との戦いはアスリートのコンテストだ。運動能力のすばらしい者の戦いで倒した。お前の未来は明るいぞ」と、相手を絶賛。続けて、「お前にはカリスマ性が足りない。感情がかけている。オレはベストになる欲がある。そうしてオレはベストに登り詰めてきた」とも指摘した。

 さらに、「もう一つのブロックでは、飯伏(幸太)は決勝に上がって来れないようだが、オレには使命がある。史上最高のレスラーになることであり、そのための次の標的がオカダだ」と勝利を誓った。