ここから本文です

主役は旬のフルーツ!10種以上の季節のフルーツがたっぷりのった“スペシャルパンケーキ”<フルーツカフェ おおかわや>

8/9(水) 11:07配信

伊豆新聞

 創業1811年、下田市の老舗カフェ「フルーツカフェ おおかわや」。元は、果物店を営んでいたという同店は、30年ほど前にパフェや、フレッシュジュースを中心とした「フルーツカフェ」としてリニューアルオープン。以降、「くだものやさんのカフェ」として、地元客、観光客問わず、多くの人に愛される下田の人気カフェとなった。

【下田グルメ】レジャー、温泉、オススメ情報満載。ぴんぽいんと探訪<下田>

 3~4年前に始めたというパンケーキは、下田産の新鮮な卵、静岡県産の小麦粉、北海道産バターミルク、発酵バターなどの厳選材料を使用。注文を受けてから卵白を泡立て、丁寧に焼くため、焼きあがりまで20~30分かかるこだわりの品。

 中でも、その豪華さに運ばれてきた瞬間、思わず笑顔になってしまう「スペシャルパンケーキ」は、同店不動のナンバーワン!10種類以上の食べごろの季節のフルーツがたっぷりのり、まさに“フルーツが主役”のパンケーキ。遠方からわざわざ食べに来る客が多いのも納得の味だ。※米粉にも対応可。

 水を一滴も使わずに伊豆のミカンのみを使用した果汁100%、混ぜもの無しのオレンジジュースをはじめ、旬のフルーツで作るフレッシュジュースはなんとも言えないやさしい味。夏になると登場するスイカジュースは、夏バテ防止効果もあり、体にもやさしいジュースと好評だという。

 健康志向の人には、「アサイーボウル」や、肉を使わずフルーツのみで作る「フルーツカレー」がオススメ。ヘルシーな同カレーは、リンゴ、キウイ、パイナップル、パパイヤなどが入り、「甘辛さが、くせになる味」とリピーターが多い。

 また、「下田いちご」「伊豆ベリーベリー」「マンゴー」などのスムージーや、「下田ワッフル」「パフェ」など豊富なメニューが並ぶ。

 明るくポップな感じの手前のフロア、しっとりと落ち着いた奥のフロアと、雰囲気の異なるスペースがあるので、「みんなでワイワイ!」「一人でのんびり」と、いろいろな楽しみ方ができるのもうれしい。

 ペリーロードから徒歩1分。下田の街散策の行きに、帰りに立ち寄りたい店。(M)

◆店名:フルーツカフェ おおかわや

◆住所:下田市3-2-5(ペリーロード徒歩1分)

◆電話:0558-22-0125

◆営業時間:午前11時~午後7時

◆定休日:木曜日

◆駐車場:あり

◆Wi-fiあり

最終更新:8/9(水) 11:19
伊豆新聞