ここから本文です

民進代表選、枝野氏が出馬表明会見(全文3完)自民党を倒すためのプロセス

8/9(水) 18:33配信 有料

THE PAGE

安倍総理との対立色しか見えてこないが

記者1:準決勝とはいえ、やっぱりリングに立ったらちゃんと打ち合っていただかないと、あまり筆が立ってこないわけですね。そういう意味では枝野さんはやはり安倍総理と真正面から対峙して、徹底的に嫌がられるっていうんですかね、手ごわい代表をやると。きのうの前原さんの会見を見ると、ほとんどそういう、時の政権に対する対立色ってあんまり感じなかったんですけど、結局それですかね。先ほどからおっしゃっている安倍さんと戦う意味で俺のほうがずっと嫌がられるし、手ごわいんだと。それ以外、実はあんまり、私、メッセージとして聞こえてこないんですけど。

枝野:なぜこの局面で立候補したのか、決断したのかというお尋ねがありましたので、今日の私の冒頭の話に加えて申し上げることがあるとすればということで、今、特に、今、この局面で代表になるということについて、自分がやるべきだと思った理由を申し上げました。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:8,858文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:8/15(火) 5:48
THE PAGE