ここから本文です

「天声人語 2017年8月9日」

8/9(水) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 原爆投下から25年後のことである。子ども向けの雑誌に全身ケロイドの怪獣が掲載され「ひばくせい人」との説明が添えられた。出版社は批判を浴び、社会問題になった。長崎での被爆体験を持つ作家の林京子さんが作品で取り上げている▼けしからん、と書いているわけではない。「これはこれでいい。漫画であれピエロであれ誰かが何かを感じてくれる」。原爆が風化しているとの危機感ゆえであろう。被爆30年後の私小説『祭りの場』にある▼語り部と呼ばれた作家は、今年2月に他界するまで原爆を書き続け、問い続けた。女学校時代に動員された兵器工場での被爆体験。……本文:1,166文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社