ここから本文です

ドコモ、地対空方式の機内Wi-Fi実証実験 ANAやパナソニックなどと

8/9(水) 20:11配信

Aviation Wire

 NTTドコモ(9437)は8月8日、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所の電子航法研究所(ENRI)と全日本空輸(ANA/NH)、パナソニック(6752)、ジャムコ(7408)と共同で、LTE方式の通信技術を活用した地対空通信方式による機内インターネット接続サービスの実証実験に成功したと発表した。

【よつば号と地上の実験アンテナ】

 ドコモによると、航空機が地上の設備と通信する地対空方式は、機内インターネット接続サービスで現在主流の衛星通信方式と比べ、アンテナなど航空機側の機器を小型化できるメリットがあるという。米国の国内線など陸地続きの路線で採用されているが、国内ではまだない。

 プロジェクトは、2014年春に水面下でスタート。実験は7月13日から8月1日まで、岩手県と宮城県、福島県の上空で行った。ドコモは、VHF帯TD-LTEによる地対空方式の無線通信システムを宮城県に構築し、岩手県、宮城県、福島県の上空エリアで実験局免許を取得した。

 ENRIが所有する実験用の双発ターボプロップ(プロペラ)機「よつば号」(ビーチクラフト社キングエア350、登録番号JA35EN)に、パナソニックが開発した航空機用端末装置を搭載し、ANAが検証飛行ルートについて助言して、ジャムコがよつば号を運航した。

 実験では、実験基地局から高度最大2万8500フィート(8700メートル)、半径最大93キロの上空エリアカバーを確認。また、航空機の巡航速度が230ノット(時速430キロ)で、受信時最大27Mbpsの通信速度で地上との通信に成功した。

 また、ウェブサイトの閲覧、メールやメッセージの送受信、ライブ映像の視聴、電子雑誌の閲覧など、地上と同様に機内でも利用できることを確認した。

 ANAによると、今後の実験計画は未定だが、地対空方式の有効性が確認された際には活用を検討していきたいという。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8/9(水) 20:11
Aviation Wire