ここから本文です

ピアニストのラン・ランとメディア・アーティストの真鍋大度がコラボ公演を開催

8/9(水) 15:54配信

CDジャーナル

 世界で活躍するピアニストのラン・ラン(Lang Lang)と、メディア・アーティストの真鍋大度によるスペシャル・プロジェクト〈Lang Lang × Daito Manabe with Rhizomatiks Research(仮)〉が2017年11月27日(月)に東京 丸ノ内 東京国際フォーラム ホールAで開催決定。

 ラン・ランは、クラシック音楽界を代表し、老若男女から愛される世界的スーパースター。2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のテーマ音楽を、パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)指揮NHK交響楽団とともに演奏していることでも知られています。

 一方の真鍋は、プログラミングやインタラクションデザインなど最先端テクノロジーを駆使し、世界のメディア・アートを牽引する存在。さまざまなジャンルのアーティストとコラボレーション・プロジェクトを行なっており、ビョーク(Björk)、ノサッジ・シング(Nosaj Thing)、FaltyDL、スクエアプッシャー(Squarepusher)、ティモ・マース(Timo Maas)、岡村靖幸、やくしまるえつこ、坂本龍一らとのコラボレーションのほか、Perfumeのライヴ演出の技術面も担当しています。

 今回のプロジェクトは、ラン・ランと真鍋、そして真鍋の率いるフルスタック集団「Rhizomatiks Research」がタッグを組んだ、前代未聞のプロジェクト。正式タイトルやコンセプト、キーヴィジュアルなどの詳細は、9月下旬に改めて発表される予定です。

最終更新:8/9(水) 15:54
CDジャーナル