ここから本文です

全国放送の原住民族FM局が開局 台湾初 16言語で独自の文化を伝承

8/9(水) 17:23配信

中央社フォーカス台湾

(台北 9日 中央社)台湾初となる全国放送の原住民族(先住民)FMラジオ局「Alian 96.3」が、「世界の先住民の国際デー」に当たる9日に開局した。先住民集落の約94%をカバーし、同人口の約75%の耳に届くとされる全国放送の優位性を生かし、政府公認の全16民族の言葉を使用、台湾独自の先住民文化の伝承を目指す。

同日、新北市内で開催された記念式典には蔡英文総統も出席、自ら開局アナウンスを務めた。

蔡総統は、今後、災害や重大ニュースなどの情報が地方にも速やかに届くようになることは、自身が公約した、先住民がマスメディアを利用する権利を保障することでもあるとして、「約束を果たせた」と喜んだ。

また、今年6月に各民族の言語を国家の言語と位置付ける「原住民族言語発展法」が施行されたことを挙げ、言語の伝承など、原住民族ラジオならではの役割に期待を示した。

Alianはパイワン族の言葉で、良き友人の意。音楽、グルメ、社会、観光など15分野のバラエティー豊かな番組や、各民族の言語に長けている人材を起用した、16種類の言語による番組などが企画されているという。

(呉欣紜/編集:塚越西穂)