ここから本文です

【フィリピン】日本からの直接投資、1~5月は57%減

8/9(水) 11:30配信

NNA

 日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した2017年版の「世界貿易投資報告」によると、2017年1~5月の日本からフィリピンへの直接投資(速報値)は、前年同期比56.6%減の5億6,100万米ドル(約621億3,000万円)だった。
 8日付スターによると、ドゥテルテ政権による中国・ロシアへの接近や、外資系企業に対する税優遇措置の変更計画が、投資減退の遠因になっているとの見方がある。ただ、ロペス貿易産業相は、「日本企業は引き続きフィリピンに高い投資意欲を示している」と説明。総合商社を中心に今後も多額の投資が予定されていると話す。
 ジェトロ・マニラ事務所の石原孝志所長は、1~5月の大幅な落ち込みについて、「17年の減少というより、むしろ金融分野における資本提携などで16年の数字が突出していたと考えられる」と分析した。
 16年通年の日本の直接投資は23億1,200万米ドルで、前年から52.1%拡大した。

最終更新:8/9(水) 11:30
NNA