ここから本文です

『Back to Bed (バック トゥ ベッド)』夢遊病の男をベットへ導け 人面犬が主役の3Dパズル【とっておきインディーVol.132】

8/9(水) 12:03配信

ファミ通.com

文:ライター カナダ長田

●シュールな世界の3Dパズルアクション
 人面犬・サボブを操作し、夢遊病の男・ボブをベッドへと導く本作は、奇妙なテイストの3Dパズルアクションゲームだ。目的は、オブジェクトやギミックを駆使し、さまようボブをゴールとなるベッドへと移動させることだが、舞台となる夢の世界がとにかく特徴的。絵画をモチーフにしており、カメラが壁に埋め込まれたり、帽子が空を飛んでいたりと、とにかくシュールなのだ。

 奇妙なモノで溢れている各ステージのフィールドは構造も複雑。先へ進むと奇妙さも増していくため、フィールドの構造を理解するだけでも相当頭を使うかもしれない。しかし、その分ボブがベッドに到達したときの達成感も、また大きい。独特でシュールな世界観は病みつきになりそうな魅力を持っている。

■ようこそ奇妙な夢の世界へ
 サルバドール・ダリなどが描くシュールな世界観を思わせる夢の世界が舞台となる本作。複雑に入り組んだフィールドに、口が付いたダクト、触れると飛んでいくチェスの駒など、この世のものとは思えないものが数多く散りばめられている様は、まさに奇妙奇天烈。本作はフィールドを一望するだけでもおもしろい作品だ。ときには、攻略ついでにフィールドを探索してみると、現実にはない意外なものが発見できるかも!?

【ボブ】夢遊病を患っており、夢の中で寝ながらさまよう。デザインはルネ・マグリットが描く男を参考にしているとのことだ。

【サボブ】ボブの潜在意識の中に存在する、ボブと同じ顔をした犬。彼(?)の使命はボブを起こさずにベッドへ導くこと。

■ボブを落とさずベットへ誘導
 本作は、ボブがベッドに到達するとクリアーとなる。ボブの動きには法則性があり、何もないところでは真っすぐ歩くが、障害物に当たると右に90度方向転換。再び真っすぐ歩き出す。フィールドにはサボブが持てるオブジェクトがあるので、うまく配置してボブがベッドに入るまでの道筋を作ろう。

■さまざまなギミックを活用
 フィールドには、複数のギミックが存在し、活用することで壁を歩いたり、ワープして、一見行けないような場所にも簡単に行けるようになる。フィールドが複雑になってくると、ギミックをいかにうまく使うのかが攻略の重要なカギとなる。新しいステージに挑戦するときは、ベッドの場所はもちろんのこと、ギミックの位置もしっかり把握しておくことが必要となるのだ。




■ボブの眠りを妨げるモノ
 ステージによっては、ボブの眠りを妨げる奇妙な生き物(?)も登場。ボブに当たると起こされてしまい、リトライとなるので、生き物を避けて、ボブを誘導する必要がある。

Back to Bed(バック トゥ ベッド)
メーカー:日本一ソフトウェア
対応機種:PlayStation Vita / プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2017年2月9日配信
価格:1000円[税抜](1080円[税込])
ジャンル:パズル

最終更新:8/9(水) 12:03
ファミ通.com