ここから本文です

「リゾートワーク」しませんか? コザの魅力、楽しんで発信を 観光客に1万円上限補助

8/9(水) 10:00配信

琉球新報

 【沖縄】沖縄市観光物産振興協会(島袋隆会長)が、短期間リゾートを楽しみながら仕事をする「リゾートワーク」の誘致に力を入れ始めている。5日から県外在住の人が市内でリゾートワークする場合、1万円を上限に費用を補助する事業を始めた。主にITを活用して時間や場所にとらわれずに働く「テレワーク」をする人を呼び込み、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などで市の魅力を発信してもらう。同様な手法での誘客は県内では珍しい。

 補助の用途は交通費や宿泊費などで、募集人数は10人。募集期間は31日までで、市内で1泊2日以上のリゾートワークをする人が対象となる。市民らと交流できるように、利用するオフィスは市内の創業支援拠点・スタートアップカフェコザ、ホテル「アーケードリゾート沖縄」、カフェ「プレイヤーズカフェ」を指定し、実施時にSNSで市内での活動を発信することが参加条件になる。

 リゾートワークはリゾート地で仕事をしたり、余りの時間を観光に充ててリフレッシュしたりして、柔軟な発想を生む効果があり、社員に利用を勧める企業も増えている。2016年度の移住に関する相談受付数が、2年連続で全国トップだった長野県なども誘致に力を入れている。

 山田一誠事務局長は「観光のほか、人とのつながりを通して市民の日常を体験してもらい、コザの街を好きになってもらう。そこで感じた魅力を発信してほしい」と観光客の誘客効果に期待した。問い合わせは同協会(電話)098(989)5566。

琉球新報社

最終更新:8/9(水) 10:40
琉球新報

Yahoo!ニュース特設ページ