ここから本文です

「Windows 10」のローカルアカウントのパスワードを変更する

8/9(水) 8:10配信

@IT

――
対象:Windows 10
――

 Windows 10のユーザーアカウントには、「ローカルアカウント」「Microsoftアカウント」「Active Directoryドメインアカウント」などがある(Windows 10のアカウントの詳細はWindows 10 The Latest:「Windows 10で利用できるアカウントの種類と管理方法」参照のこと」。

[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押して表示されるセキュリティダイアログ画面

 ローカルアカウントは、Windows 7以前のログインで利用するアカウントと同様、各PC(Windows 10)にユーザー名とパスワードを登録するものである。ローカルアカウントでは、複数のPCで同じアカウントであっても設定は同期されない。またOneDriveなどのMicrosoftのオンラインサービスを利用する際は、別途、Microsoftアカウントでサインインする必要がある。

 Microsoftアカウントは、Outlook.comやOneDriveなどのMicrosoftが提供するオンラインサービスを利用する際に使用する電子メールアドレスとパスワードによるアカウントのことである。このアカウントがWindows 10のサインインに利用できる。Windows 10上からMicrosoftのオンラインサービスにシームレスにアクセスできたり、複数のPC(Windows 10)に同じMicrosoftアカウントを設定することで個人設定をオンラインで同期したりすることができる。

 Active Directoryドメインアカウントは、企業で使われるID管理サービス「Active Directory」で利用されるアカウントのことである。

 このアカウントの種類によってパスワードの変更方法が異なるので、ここではローカルアカウントとActive Directoryドメインアカウントのパスワードの変更方法を紹介する。

●[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーでパスワードを変更する

 パスワードを変更するには、[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押して表示されるセキュリティダイアログから行うのが簡単だ。セキュリティダイアログの[パスワードの変更]を選択し、現在のパスワードと新しいパスワードを入力すれば、パスワードが変更できる。

●サインインオプションでパスワードを変更する

 サインインオプションを開いて、パスワードを変更することも可能だ。

 パスワードを変更したいローカルアカウントでWindows 10にサインインして、[スタート]メニューを開き、[ユーザー]アイコン(ユーザー名が表示されているアイコン)を右クリックして、メニューから[アカウント設定の変更]を選択する([スタート]メニュー-[歯車(設定)]アイコン-[アカウント]でもよい)。

 [アカウント]画面が開くので、左ペインで[サインイン オプション]を選択する。右ペインの「パスワード」の下にある「アカウント パスワードの変更」の[変更]ボタンをクリックする。

 [個人用パスワードの変更]画面が開くので、「現在のパスワード」部分に、現在設定しているパスワードを入力し、 次の画面で「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」に新しいパスワードを入力する。「パスワードのヒント」は、パスワードを忘れた際に思い出せるようなフレーズを入力すること。パスワードそのものは入力できないので注意したい。[次へ]ボタンをクリックし、次の画面で[完了]ボタンをクリックすれば、パスワードが変更される。

 これで、次回のサインインから新しいパスワードが有効になる。

最終更新:8/9(水) 8:10
@IT