ここから本文です

豪雨の日にゴポゴポ…トイレから水が噴き出す現象の正体

8/9(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 なぜか豪雨のときに、トイレから「ゴポゴポッ」と音がしたり、便器の周りが濡れていたりする――。新しい一戸建てに住んでいる人は、少なからず経験したことがあるかも知れない。トイレの床がビショビショに濡れていたりすることもある。こうなると「もしや汚水が逆流した?」「放っておいたらウンチやオシッコが噴き出すのではないか」と不安になって当然だ。

 水のトラブルは、元体操選手がCMをしている会社よりも、自治体に問い合わせる人が多いらしい。豪雨のたびに「どうすればいいのか」との声が寄せられるため、名古屋市上下水道局はホームページで原因と対策を紹介している。

 そこで、この現象の正体について聞いてみると、「汚水が逆流しているわけではありません。便座のふたをしておけば飛び散ることもありませんよ」(給排水設備課)と言う。ウンチやオシッコにまみれることはないようだ。

「洋式トイレには常に水が張ってあります。これは封水とかトラップとか呼ばれる水で、汚水を流した後にためられるもの。蛇口をひねったときに出るのと同じ水で、これによって排水管からの臭いを遮断しているわけです。台所のシンク、風呂場、洗面所も同じ仕組みで、シンクの下を見ると排水管がS字のように曲がっているのが分かりますよね。あそこに水がためられているのです。ただ、豪雨の時は、雨どいを伝った大量の水が屋内排水管に流れます。そうすると、排水管の中にある空気が押されます。それで勢いよく封水を押し出してしまうこともあるのです」(同)

 ウオーターガンなどと呼ばれる水鉄砲と同じ原理だ。圧力を加えられた空気は勢いよく水を押す。特に新しい家は、口径が小さく密封性が高い塩化ビニール製の配管を使っていることが多いので、空気が圧力を受けやすいという。

 どうしても心配だという人は、雨の降り始めに屋外の下水ますのふたを一時的に外すと、空気の逃げ場を確保できるそうだ。下水ますのふたを、空気を逃がすタイプに取り換えるという手もある。下水ますの場所は、家の図面で確認しよう。