ここから本文です

バレンティン逆転満塁弾で連敗止めた 落球で命拾い…直後に打ち直し

8/9(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト8-5DeNA」(8日、神宮球場)

 真夏の神宮の夜空に大きな花火を打ち上げた。2点を追う三回1死満塁。打席に向かうヤクルトのウレディミール・バレンティン外野手(33)に大声援が降り注ぐ。初球の内角高めの球を打ち上げるが、三塁・宮崎がファウルグラウンドで飛球を落とした。打ち直しとなった続く高め直球を左翼ポール際へ豪快にたたき込んだ。

 初球を打ち損じ「(同じ球が)頭にあった」と狙い澄ました24号逆転満塁弾。「正直、終わったと思ったけど、またチャンスが巡ってきた。うまく生かせたね」と上機嫌に話した。

 これで8月は7戦4発。3日の巨人戦後には自身が持つ月間本塁打記録18本を上回る、月間19本を目標に掲げたが「冗談半分だったけど、実際に調子が良い。これをキープしていければ」と記録への本気度も増してきた。

 チームが最下位に低迷する中で「自分や山田は若手に示せる経験を持っている。良いものが伝えられれば」とモチベーションは高い。明日の燕軍団の礎となるべく、豪快な一撃をファンへ、仲間へ見せ続ける。

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ