ここから本文です

〔渇水〕台風5号の影響で各地で取水制限解除 中部・中国地方では引き続き制限中の水系も(8/9)

8/9(水) 22:30配信

レスキューナウニュース

気象庁の発表によると、台風5号は9日03:00に日本海で温帯低気圧に変わりました。
台風の影響により各地で大雨の被害が発生しましたが、高知県の早明浦ダムをはじめ各地のダムでは貯水率が回復し、取水制限が解除されるなど変化がありました。
関東地方の利根川水系渡良瀬川、中部地方の矢作川水系矢作川、四国地方の吉野川水系銅山川、蒼社川水系、重信川水系石手川で取水制限が解除されたほか、関東地方の荒川水系荒川、吉野川水系吉野川で取水制限が一時解除されています。一方、他の水系では引き続き取水制限が継続しています。【8月9日22:30現在、レスキューナウまとめ】

■対応状況
【取水制限実施】〔国土交通省・静岡県〕
<関東>
・荒川水系荒川   :水道・農業用水20%(7月21日09:00~) ※8月7日09:00から一時解除
・利根川水系鬼怒川 :水道・農業・工業用水10%(7月6日09:00~)

<中部>
・天竜川水系    :水道用水5%、農業・工業用水10%(7月27日09:00~)
・宮川水系宮川   :農業用水25%(7月26日00:00~)
・櫛田川水系櫛田川 :水道・農業・工業用水全体で30%相当(6月22日00:00~)
・大井川水系大井川 :水道用水5%、農業・工業用水10%(6月19日15:00~)

<中国>
・斐伊川水系斐伊川 :水道・農業用水全体で40%相当(7月24日09:00~)

<四国>
・吉野川水系吉野川 :水道・農業・工業用水20%(6月17日09:00~) ※8月8日09:00から一時解除

【対策中】〔国土交通省〕
<関東>
・那珂川水系那珂川 :渇水対策支部設置(3月10日~)
・久慈川水系久慈川 :渇水対策支部設置(3月10日~)

【解除】〔国土交通省・愛媛新聞・RNB〕
<関東>
・利根川水系渡良瀬川:取水制限解除・渇水対策支部解散(8月7日)

<中部>
・矢作川水系矢作川 :取水制限解除・渇水対策支部解散(8月8日)

<四国>
・吉野川水系銅山川 :取水制限解除・渇水対策支部解散(8月8日)
・蒼社川水系    :取水制限解除(8月8日)
・重信川水系石手川 :取水制限解除(8月9日)

■各地の状況
<四国>
・台風5号による大雨で川の流量が増えたため、早明浦ダムの貯水率が8日09:00には73.5%まで回復し、今後もしばらく上昇する見込みとなった。吉野川水系水利用連絡協議会は、徳島、香川両用水で実施していた第1次取水制限を一時的に解除した。一時的な取水制限の解除は、今年3回目〔産経〕
・台風5号によるまとまった雨で、愛媛県松山市の石手川ダムでは、貯水率が83.5%に達し、先月1日から実施していた上水道5%カットなど全ての取水制限を9日12:00に解除した〔RNB〕

<沖縄>
・沖縄県の大東島地方は、7月以降まとまった雨が降らず、8月の降水量も13.5mmにとどまり、水不足が深刻化。南大東島地方気象台によると、7月の日照時間は1943年の観測開始以来最長の330.2時間に達した。水不足のためサトウキビが枯れかかり、乾燥した葉を好むバッタの食害も発生した〔琉球新報〕

レスキューナウ