ここから本文です

トヨタがPFNに105億円を追加出資、モビリティ向けAI技術の研究開発を加速

8/9(水) 12:10配信

MONOist

 トヨタ自動車とPreferred Networks(PFN)は2017年8月4日、自動運転技術をはじめモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発の加速を目的に、トヨタ自動車がPFNに追加出資することで合意したと発表した。PFNが第三者割当増資により発行する株式をトヨタ自動車が引き受ける形で、約105億円の追加出資を行う。

 両社は2014年10月から共同研究・開発を実施している。2015年12月には、関係強化を目的にトヨタ自動車がPFNに約10億円を出資している。これまでは、物体認識技術や車両情報の解析技術などについて共同研究・開発を実施してきたが、今回、両者の関係をさらに強化し、共同研究・開発を加速させるという。

 PFNは、機械学習や深層学習(ディープラーニング)などのAI技術を中核とするベンチャー企業だ。特に、AIをクラウド上で動作させるのではなく、自動車や産業機械といった処理能力が限られるエッジ機器で効率よく動かす「エッジヘビーコンピューティング」をIoT(モノのインターネット)時代に最適なAIのコンセプトとして推進している。

 外部からの資金調達では、2014年10月にNTTから約2億円、2015年9月にファナックから約9億円、そして2015年12月にトヨタ自動車から約10億円を得ていた。今回さらに約105億円を調達したことにより、トヨタ自動車との関係がより深まることは確実だ。

 なおPFNは、今回の資金調達により、計算環境の拡充、優秀な人材の確保を進めるとしている。2017年7月24日に行ったプレス説明会では、人材確保に加えて、機械学習と深層学習に膨大な計算リソースが必要になることを訴えていた。

 PFNの計算リソースは現在3P(ペタ)Flopsだが、近々10PFlops相当を追加する予定である。今回の資金調達は、これらの計算リソースの拡充にも充てられる見込み。また2019~2020年には1エクサ(1000P)Flops近くの計算リソースを確保したい意向も示している。

最終更新:8/9(水) 12:10
MONOist