ここから本文です

コンチネンタル、自動車ソフト技術者向けトレーニングプログラムを拡大

8/9(水) 18:01配信

レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは8月7日、自動車ソフトウェア技術者向けのトレーニングプログラムを拡大すると発表した。

コンチネンタルは2015年末、自動車ソフトウェア開発者の資格制度を導入。「優れたソフトウェア開発者や技術者は、必ずしも大学で学ぶ必要はない」という精神の下、自動車ソフトウェア技術者向けに、独自のトレーニングコースや学習プログラムを提供してきた。

今回、拡大されるのは、自動車ソフトウェアのエキスパート向けのトレーニングと学習コース。ソフトウェア関連の分野において、一定の経験を持つ熟練したエンジニアを対象にしたプログラムを追加する。

自動車ソフトウェア技術者向けプログラムは、2つのセクションに分かれており、3年間にわたって実施される。中でも、電気工学のトレーニングコースは、コンチネンタルが企業固有のコンテンツを組み込むように適応させ、訓練プログラムの基礎を形成している。コンチネンタルはこのプログラムを通じて、熟練エンジニアの継続的な育成を続けていく。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/9(水) 18:01
レスポンス