ここから本文です

水田竜子 一日天ぷら店長就任「特製天丼」振る舞う

8/9(水) 16:25配信

東スポWeb

 演歌歌手・水田竜子(40)が9日、東京・文京区の天ぷら店「天仙」で一日店長に就任。天ぷらの上にさくらんぼが乗った同日限定の「竜子特製天丼」を振る舞った。

 イベントはこの日リリースされた新曲「新庄恋しや」の発売を記念したもの。水田は「平成19年に発表し、自身の代表曲となった『紅花の宿』を超えたいですね」と笑顔で抱負を語った。「新庄恋しや」は、24~26日まで山形・新庄市で開催される「新庄まつり」の後夜祭(26日)で初披露する予定だという。

 17歳でデビューし、来年1月21日には25周年を迎える。「あっという間だった。歌ってきた曲を見て、月日を感じる」と振り返ると「上京したころはなかなか仕事がなくて大変だった。でも、今は会社で偉くなった人が私のポスターを貼るのを手伝ってくれたり、サイン会に並んでくれるのを見るとウルッときた」と熱っぽく語った。

 また「ご当地ソングを歌うので、その土地へ行って城などを見て回る機会も多い」といい、戦国武将好きで自らを「歴女」と呼ぶ。「今年から新しいことを始めようと思い、7月からLINEライブを始め、戦国武将について語っている。毎回3000人以上閲覧数がある」。LINEライブ「水田竜子のなんでも戦国武将」(月に1度生中継)という新たなツールでも、新曲をアピールするつもりだ。

最終更新:8/9(水) 16:25
東スポWeb