ここから本文です

人気かき氷、マップに 藤枝「せとやコロッケの会」

8/9(水) 8:22配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 藤枝市瀬戸谷地区の活性化を進める「せとやコロッケの会」(小田稔彦会長)は、瀬戸谷地区でかき氷を販売する7施設・店舗を紹介したマップを製作した。

 7施設・店舗は、大久保グラススキー場、市陶芸センター、中里の庄・和、柿の木坂の家、瀬戸谷温泉ゆらく、レストランせとやっこ、森下菓子店。マップには施設・店舗の住所、電話番号、営業時間などを載せた。

 今年からかき氷の販売を始めた陶芸センターは、地元の抹茶を利用したパウダーと濃厚抹茶シロップがかかった「牧場―MAKIBA」が前田直紀館長の一押し。全3種類のかき氷は好評で、「材料がなくなり次第終了なので、土日は売り切れることもある」(前田館長)という。販売は8月末までの予定。

 マップはA4サイズで両面カラー。地元のシイタケが入ったせとやコロッケもPRしている。小田会長は「豊かな自然と人との触れ合いを楽しんでもらえる地域づくりを目指している。ぜひかき氷とコロッケを一度食べに来てほしい」と話している。

 マップは掲載施設・店舗、藤の瀬会館などで配布している。市ホームページからも閲覧可。問い合わせは市中山間地域活性化推進課<電054(639)0120>へ。

静岡新聞社