ここから本文です

【ドラゴンゲート】ドリームゲート王座に意外な男が挑戦表明

8/9(水) 16:45配信

東スポWeb

 ドラゴンゲート8日の後楽園ホール大会で、ベテランの望月成晃(47)がオープン・ザ・ドリームゲート王座挑戦を表明した。

 意外な男がタイトル戦線に名乗りを上げた。この日のメーンでは、ドリーム王者のYAMATO(35)率いるユニット・トライブヴァンガードが、鷹木信悟(34)をリーダーとする極悪軍団ヴェルセルクに勝利。その直後だ。突如リングインした望月が「京都(5日)でお前から3カウントを取った。次のドリームゲート、俺に少しは挑戦資格がないか?」と王者に迫ったのだ。

 YAMATOは7月23日の神戸ワールド記念ホール大会でT―Hawk(27)を退けてV6に成功したものの、次期挑戦者は未定だった。望月が最後に同王座を奪取したのは2011年4月14日。41歳3か月での獲得は史上最年長記録のままで、戴冠を果たせば自己の記録を大幅に更新することになる。

 ところがこの後にビッグR清水(24)まで挑戦を表明したため、9月5日の後楽園大会で「次期挑戦者決定戦」が行われることが緊急決定した。「ハードルがあったほうが燃えるな、フフフ…」と不敵に笑った望月。ドラゲーきってのベテランは偉業達成まで止まらない。

最終更新:8/9(水) 16:45
東スポWeb